介護の技能実習制度が、11月より実施されます。

これまでは介護の技能実習は制度がありませんでしたので、受け入れることはできませんでした。

人手不足を解消するために、社会福祉法人なども実習生確保に乗り出しており、今後は現場に外国人の方が増加しそうです。

ホーム選びの際に見学に行くと、外国人スタッフと出会うこともあるでしょう。

介護に人種は関係ありませんので、質の高いサービスが受けられるのであれば、人員解消の一助となるなら歓迎すべきでしょう。

しかし、実習生への教育がきちんと行われなければ、現場の混乱を引き起こします。

老人ホーム選びにおいては、実習生の教育体制の状況などがポイントになってくるでしょう。