「特別養護老人ホームでは望むような生活を送れそうにない」

「かといって、介護付有料老人ホームは費用的に不安だ・・・」

「サービス付き高齢者向け住宅は、介護度が重くなると退居させられる可能性があると聞いた」

「ケアハウスは待機者が多い」

 

上記のようなお悩みを持って、身体的に不安を抱えていても我慢して在宅生活を頑張っている方は多いです。

 

ほとんどが、独居の方です。

ご家族や親族が周囲にいて助けてくれれば、何とか生活を継続できることも多いですが、そうではない方が増えている時代です。

 

費用的に不安、年金内でホームを探したいというニーズに合わせるように、低価格帯の介護付有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅が建設されています。

 

たいていは都市部ではなく、駅から離れた立地に建設されています。

入居者の費用を安く抑えるためには、建設コストを下げなければいけません。

 

そのため、神戸市であれば、海側の山裾や西区、北区に低価格帯ホームが展開しています。

西宮も同様です。

 

低価格帯ホームをお探しであっても、立地にこだわる方やご家族は多いです。

 

しかし、身体的に不自由であれば外出はほぼ職員などが付き添いますし、タクシーを利用する方法があります。

周囲に緑が多ければ、散歩など日光浴に不自由しません。

 

夜景も、綺麗に見えるかもしれません。

 

何より肝心なのは、介護サービスだと割り切れば、立地は問題にならないものです。

 

必要な介護サービスが受けられ、安心して生活を送れるホームを、まずは探すことです。