本当は特別養護老人ホームやケアハウスに入居したいが、空室がないために待たなければならないとします。

しかし、待っている期間、自宅での生活継続が困難なケースは多いです。

 

また、同様に気に入った介護付有料老人ホームを待つ間だけ、他のホームを一時利用したいと考える場合もあるでしょう。

 

たいていは在宅で介護保険サービスを使って、ショートステイで待機期間を乗り切るという方法が、一番多いかもしれません。

が、ショートステイはあくまでショートステイですから、利用日以外は在宅です。

半年、1年などの間、ずっと住み続けられるものではありません。

入居者の顔ぶれもコロコロと変わりますので、生活に馴染みにくい面もあります。

 

そこで、空いている老人ホームの一時利用という選択肢が出てきます。

入居一時金が高額なホームは対象にならないと思いますが、一時金なしや低額なホーム、サービス付き高齢者向け住宅を上手く活用して、待機期間を乗り切ります。

 

けっこうあるのが、待機期間中の一時利用先が気に入り、友人もできて終の棲家にするケースです。

それはそれで、良い終の棲家が見つかった考えたらよいでしょう。

選べるサービスが増えたため、上手く利用して自分に合ったライフスタイルを構築できます。