少し前に、ベネッセスタイルケア様の主催するセミナーに参加し、平成30年度診療報酬改定と介護施設への影響を学びました。

以前から声高に叫ばれていますが、医療と介護の連携は今後ますます重要になります。

というのも、認知症やがんなど疾病を抱えた要介護者の増加、介護施設も予防医療を取り入れ顧客満足度を上げていく必要性から、医療サービスと連携していかなければ介護施設は選ばれなくなります。

入院後に介護施設に入所する方が多い状況から、リハビリを充実させた施設も、今後は多く登場するでしょう。

リハビリで利用者の回復に寄与して在宅復帰させる、終の棲家としてではない、通過型のホームも出てくるかもしれません。

当方のご紹介案件でも、何らかの医療的ケアが必要な方の割合が6~7割を超えています。

医療的ケアに対応できるホームをピックアップしていますので、緊急度の高い方の案件にも対応しています。