自分や家族が入居するホームの人材が確保できていないと、不安ですよね?

「契約した通りのサービスを提供してもらえるのか」

「いざという時に、対応できる職員がいないのでは?」

「何かの際に、職員に声をかけにくい。頼みにくい」

などと考えてしますのが、普通です。

昨今はどこの事業者も人材確保に頭を悩ましています。

が、それでもホーム内の人員体制が危機的状況だと、入居者に影響が及んでいないはずはありません。

人材不足を外部の訪問者が見極めるのはなかなか難しいですが、

  • 職員がバタバタと走り回っている
  • 電話しても、応対の職員が慌ただしそう

などは典型です。

中でも、管理職や事務員までが現場で介護業務を行っている場合は、要注意です。

現場を何とか回すことに必死で、組織として機能しなくなる可能性があります。

 

ただ、管理職や事務職でも、そもそも兼務で配置している場合もありますので、その辺は確認が必要です。