高齢化社会と言われて久しいです。

衣食住の環境が良くなり、日本にいれば良質な医療が受けられます。

ペットについても、ペット産業の発展で餌が良くなり、動物病院で適切な医療を受けられますので、高齢化が進んでいます。

ペットの認知症も問題になり、飼い主が面倒を見切れない状況が出てきました。

あるデータでは、人間の年齢で65歳以上に当たる10歳以上の飼い犬が、全体の3分の1を超えて居るとも言われています。

そこで、ペットについてもホームが登場しています。

「老犬ホーム」「老猫ホーム」なとど呼ばれているようですが、今後は日本各地に増えていくでしょう。