2016年の国民生活基礎調査では、在宅介護では要介護者と介護者がともに65歳以上の割合が55%以上との結果が出ています。

極めて深刻な状況だと考えられます。

介護者にしても、健康とは限りません。

何らかの疾病や支援を必要としている方も、多いでしょう。

介護離職や虐待が起こり得る背景にも、なっています。

 

住み慣れた地域で終生暮らせる状況が一番だとは思いますが、周囲が共倒れになっては誰も幸せにはなれません。

各種在宅サービスの充実を行政が図り、上手く利用者側サービスを活用することです。

そのためには、良いケアマネジャーに巡り合うことです。

 

ケアマネジャーは誰でも同じと思われがちですが、知識や経験値で全く異なります。

私はケアマネジャーの力量で、介護の質や家族の環境は随分変わると考えています。