最近多いご相談です。

要支援の方がサービス付き高齢者向け住宅に入居したいが、なかなか入居先が見つからないというものです。

高級な施設ではなく、比較的低価格帯の施設によくありますが、要支援の方は優先順位が低くなります。

というのも、要支援の方は介護報酬が低いためです。

施設経営上は介護報酬の多い、要介護者に多く入居してもらったほうが良いのです。

概ね、施設の収支を考える際には、介護報酬も含めて算出します。

そのため、要介護者と要支援の方の入居者数の割合を考えて、施設側はバランスを取ります。

金儲け主義ではなく、経営を黒字にしなければ、事業を継続できないからです。

事業が継続できなければ、現在入居している方たちや勤務している職員に多大な影響があります。

現行の介護報酬規程では、やむを得ない部分です。