有料老人ホームではなく地域密着型施設である小規模多機能生活介護施設は、在宅生活を支える上で非常に重要だと感じています。

というのも、同じ施設でヘルパー、デイサービス、宿泊ができるため、利用する側が安心できます。

同じスタッフによる一貫したサービスが受けられ、認知症の方の混乱も防ぎやすい。

非常に便利なサービスですが、数も定員も少ない。

事業者側も利益が出にくいため、なかなか参入も難しい。

しかし、末永く在宅生活をお考えの方は、是非利用を検討されてみてはどうかと思います。