サービス付き高齢者向け住宅は賃貸住宅ですので、一時金が大きくなければ、使い勝手が良い施設です。

最近では、特別養護老人ホームやケアハウスの入居待ち期間中に、サービス付き高齢者向け住宅に一時的に入居する例が増えています。

というのも、特別養護老人ホームやケアハウスがある程度待てば入居できる見込みが出てきているからです。

相変わらず待機者は多いですが、随分と入居しやすくなってはいます。

少し待てば、入居できる施設になっている地域もあります。

病院や老健施設から退居しなければいけない。が、自宅には戻れないといった状況の方が急遽利用されます。

一時的にサービス付き高齢者向け住宅に入居するが、将来的な安心や予算的な制約などがあり、いずれは特別養護老人ホームやケアハウスに移りたい方たちです。

そのままサービス付き高齢者向け住宅で生涯を終える方も多いですが、人それぞれのニーズに合った利用ができるのも、サービス付き高齢者向け住宅の利点です。