コロナウイルスの影響

老人ホームでコロナウイルス感染が出ると、抵抗力の弱い高齢者への広がりは早いです。

そのため、各ホームは細心の注意を払って、感染対策に取り組んでいます。

 

少し前に千葉県の障害者施設がクラスターになりましたが、他人事ではないからです。

入居者、職員、面会者に関わらず、誰が感染しても、一気に広がる可能性があります。

 

老人ホームの感染症対策

 

急がないのなら、今は待ちでもいい

現在お元気で、老人ホーム入居を急がないのであれば、コロナウイルス感染が収まるまでは自宅で過ごしたほうが無難です。

自宅で過ごし、他人との接触を絶っているほうが、安全なのは間違いありません。

 

関連業者、面会者など不特定多数が出入りする老人ホームのほうが、リスクは高いです。

 

どうしても入居を急ぐ方は、見学などで感染症対策を万全に行っているホームを、選ぶといいでしょう。

見学の際にも細心の注意を払っているホームは、入居後も同様であることが多いでしょう。

 

見学の際に、その辺も含めて様子を見て、判断してください。

 

有料老人ホームの感染症対策マニュアル