人手不足は介護業界でも

昨今の人手不足は、介護業界も直面しています。

慢性的な人材不足に加えて、さらに輪をかけて人材確保難です。

 

コロナショック以前の好景気で、若者から介護業界は敬遠されがちでした。

 

そのため、EPAや昨年できた特定技能のビザで、外国人スタッフを雇用する介護事業所が増えています。

 

外国人介護職

 

外国人スタッフの多くは優秀

EPAで来日する外国人の方は、母国ではエリートです。

優秀な頭脳と日本語能力がある者が、選ばれてきます。

厳しい競争試験を勝ち抜いてきた方なので、非常に優秀な方が多いです。

 

もちろん、日本語のハードルは高いので、慣れるまでは時間が必要です。

 

特定技能については、専門性と日本語能力のハードルは低いです。

ですが、日本で何が何でも働こうとしているモチベーションの高い外国人の方が、試験等を受けて来日します。

 

介護事業所の経営者に聞いても、日本人よりも勤勉に働いてくれる外国人スタッフは多いと、聞きます。

 

特に心配することはありません。

 

老人ホームの外国人スタッフ