老人ホームがどんな健康状態の方を受け入れるかについての、要件です。

入居時要件によって、居室の造りが変わってきます。

一般的に入居時自立型ホームは居室が広く、マンションのようなタイプが多いです。

要介護者向けの居室は、介護サービスが受けやすいタイプになっていますが、お元気な方にとっては狭く、物足りなく感じる傾向にあります。ときおり、要支援の方で自立型の居室を気に入られた方から何とか入りたいとご相談があります。が、自立での入居ですので、入居時は介護サービスなどを受けられません。

以下、入居時要件です。

  1. 入居時自立型・・・自立している方が対象になります。
  2. 入居時要介護型・・・要介護の認定を受けている方が対象になります。
  3. 入居時要支援・要介護型・・・要支援か要介護の認定を受けている方を対象にしています。
  4. 入居時自立・要支援・要介護型・・・ほぼ全ての高齢者を対象にしています。自立・要支援・要介護の方誰でも入居できます。

なお、入居時自立型であっても、要介護状態になった際には介護用居室に移動しなければならないホームがあります。

後でトラブルにならないように、入居時に確認されることをお勧めします。