再々、ご相談があるため記載していますが、終の棲家として一番考えらえるのは介護付有料老人ホームです。

なぜなら、介護保険上の特定施設入居者生活介護の指定を受けてホームが介護を提供していれば、入居者が要介護状態になった際にホーム職員から介護が受けられるからです。

 

ご相談で多いのが、老人ホームに入居したが、介護状況が重くなり、退去を迫られているとの内容です。

「せっかく終の棲家として選んだはずなのに、退居を促されるとは何事だ」と、皆さん憤っていらっしゃいます。

おそらくはホーム選びの際に、要介護状態になった際にホーム内に介護サービスがないために、最悪の場合は退居しなければならなくなる旨の説明は受けていたでしょう。

ですが、老人ホームは一生暮らせると考えている方が多いため、きちんと理解せずに契約してしまう方が多いです。

 

有料老人ホームでも、健康型や住宅型、最近流行りのサービス付き高齢者向け住宅やケアハウス(上記の特定の指定を受けていない)施設については、入居したホームから介護サービスが提供されるわけではなく、外部サービスを利用する必要があります。とすると、24時間常時介護が必要になった場合には住み続けられなくなります。