おはようございます。

冬本番のため、神戸も寒さが厳しくなっています。

 

老人ホームご紹介のお問い合わせは変わりませんが、ご見学など外に出るのを控える高齢者の方が多くなっています。

インフルエンザも、流行っていますしね。

 

気候が良くなると、介護施設も見学者が増えます。

 

さて、表題の件です。

地域性がすごくありますが、神戸市は介護施設がどんどん増えています。

特に、低価格帯のサービス付き高齢者向け住宅が増えました。

 

そのため、これまで公的・低価格で人気を集めていたケアハウスや特養ホームも、場所によっては空床が出るようになりました。

サービス内容は全く異なりますが、低価格のサービス付き高齢者向け住宅は目を引きます。

また、民間経営だと広報活動も上手です。

 

最近では、当方にケアハウスや特養ホームのご担当者様から連絡があり、お会いする機会が多くなっています。

施設建設の公的補助金があるため建設しやすいのですが、増えすぎると経営破綻するホームも出てきます。

 

地域によっては、参入規制などの施策も、必要かもしれません。

全国的には、まだまだ施設が不足しているのは、間違いありませんが。