淡路の介護施設でインフルエンザによる入居者の集団感染が、問題になりました。

このところ介護施設を訪問すると、どこも感染症対策が進み、警戒が厳重になっているように思います。

少し移動するだけで手洗い、殺菌、マスク装着と、手間ではありますが、入居者の安全のためにこの時期は、仕方がありません。

 

さて、ここ最近頂くのが、老人ホームの種類によって、介護サービスの質が異なるのかというご質問です。

介護施設の種類とサービスの質は、本来別ものです。

 

介護施設の種類ごとに定められたサービスを提供していますので、種類によってサービスの質が異なるわけではありません。

種類の違いは、サービスの内容の違いになります。

とはいえ、入所型施設での介護サービスは、内容的には似たり寄ったりです。

ただし、人員配置などが異なれば、職員の数で提供できるサービスは異なります。

職員配置が手厚い施設は、サービスの質も良くなる傾向があります。

 

サービスの質については、法人や施設長の質や人柄、指導力が影響します。

現場リーダーや職員の教育によっても、変わります。

こちらは、現場職員の意識やモチベーションによって、大きく左右します。

対人援助の仕事ですから、何よりも職員で変わります