介護付有料老人ホームと比較して、最近どんどん増えているサービス付き高齢者向け住宅の費用が安いとお感じになる方も多いのではないでしょうか?

また、違いがよくわからないという方もいらっしゃると思います。

一番大きな違いは、介護付有料老人ホームは施設内で24時間365日の介護サービスが受けられますが、サービス付き高齢者向け住宅は生活支援サービスのみしか受けられない点です。

介護サービスが必要な場合は、別途外部サービスを利用することになります。

細かく言えば、外出サービスなどの有無などの違いもありますが、サービス付き高齢者向け住宅はあくまで住宅ですので、入居者は自身で生活を組み立てる必要があります。

その部分で、費用に大きな差が出ます。

費用の安さ等だけで選ぶのではなく、ご自身の生活スタイルにマッチしているかどうかで選ぶのが、満足のいくホームを選ぶコツです。