ある方の、有料老人ホーム入所のきっかけです。

高齢の親御さんが、鍋に火をかけたのを忘れて鍋を焦がしてしまったと、ご相談がありました。

火の後始末ができなくなったのは心配だと、離れて暮らす息子さん夫婦から、介護付き有料老人ホームの紹介依頼をいただきました。

最初はヘルパーや近所の人が見守ってくれていたが、限界が来たようでした。

また、認知症状も少し出て、上記以外の物忘れも多くなりました。

買物に1人で行くと、既に購入して冷蔵庫の中になる物を忘れて、同じものをいくつも買ってしまうようになりました。

最終的には自宅でボヤを出してしまい、入居を急ぎました。

このままだと大変なことになると考え、ご本人も納得して入居に至った事例です。

何かの参考になれば、幸いです。